マーケティングオートメーションのメリット

マーケティングオートメーションは、マーケティングの活動を自動化できるシステムで、顧客に対して最適な提案をすることにつながるため、注目されている仕組みです。
マーケティングオートメーションのメリットは、今まで人が行ってきた営業に関する情報収集や顧客へのアクションを自動化することで、業務効率が上がり、人件費を削減できることにあります。マーケティングオートメーションでは、顧客の消費行動などをスコアの形で明確にすることができます。そのため、今まで人が行うことで販売機会を逃したり、逆に効果のない宣伝活動をするといったヒューマンエラーを極力減らすこともできます。

また、既存顧客の属性や興味などの情報をもとに、新たな顧客の獲得にもつなげられることもメリットです。

マーケティングオートメーションのデメリット

マーケティングオートメーションは、上手に使いこなさないと思うような結果が出ないというデメリットがあります。このシステムはあくまで営業活動に役立つ道具としての位置づけとなるため、顧客の購入行動などを正しく分析したり、スコアリングに適切な重みづけをするなどの設定がカギを握ります。それで、営業部門のノウハウをシステムに載せられるよう、専門の知識や技術を持つ情報システム部門の人材が必要となります。加えて、システムの導入費用や運用する人材の確保など、費用も膨らみがちです。マーケティングオートメーションは、導入後に改善を重ねることで結果が出るタイプのシステムであるため、長い目で見た運用が必要となります。

マーケティングオートメーション用のツールの入手に必要な費用の幅は広いです。無料で入手できるツールもあれば、20万円を超える価格のツールも存在しています。